リレンザの製品画像と医療現場

リレンザとグラクソスミスクラインについて

グラクソスミスクラインは、イギリスに本社を置く世界第6位の売り上げを誇る製薬会社です。
日本には、グラクソスミスクライン株式会社が現地法人として置かれています。
この会社が、扱う薬として有名なのは、インフルエンザ治療薬のリレンザとか喘息用のステロイド吸入剤とかSSRIと言われる抗うつ剤とかてんかんや双極性障害に効果のあるラミクタールです。
ドラッグストアで販売されている商品では、風邪薬とか、販売に薬剤師の説明が必要な口唇ヘルペスの薬、鼻呼吸が楽になり鼻拡張テープを取り扱っています。
インフルエンザの治療薬リレンザは、インフルエンザが感染細胞から離れて次の細胞に感染しようとする時に必要なノイラミニダーゼと言う酵素を阻害し、ほかの細胞への感染増殖を抑制する抗ウイルス薬で、世界はじめてインフルエンザの治療薬としてグラクソスミスクラインから、発売されました。
新しい細胞に、インフルエンザウイルスが感染するのを防ぐために、できるだけ早い投与が必要では商議48時間以内に投与しないと効果はありません。
インフルエンザの治療薬はリレンザ(ザナビビル)とオセタミビルしかありません。オセタミビルは、経口投与できますが、リレンザは吸入によってのみ、上記どう感染を防ぐので、効果があり、一時期オセタミビルの使用が増えましたが、2006年から2007年にかけてオセタミビルの異常行動が目立ち(この関係は正確には不明です)が、さらに、オセタミビルは耐性ができやすいので、2008年以降リレンザの使用が増えてきています。
インフルエンザではノイラミニダーゼを持たないC型には効果がありませんが、A型、B型インフルエンザに反効果があります。
■おすすめサイト
リレンザの効果と使い方、その体験談
■治療薬の購入はこちらから
インフルエンザ 治療