リレンザの製品画像と医療現場

インフルエンザシーズンには症状に対してリレンザを

インフルエンザはシーズンになると大流行が起こるために多くの人がその情報について敏感になります。冬に差し掛かった頃から広がり始めて1月や2月になると各地で集団感染も報告されるようになります。こういったシーズンに入った際には自分や家族がインフルエンザにかかっていないかということをよく観察していることが大切であり、もし感染したと
感じた場合には感染を広げてしまうリスクを考えて、医者に行ってリレンザなどの処方をしてもらい、自宅で安静にするように努めなければなりません。インフルエンザは風邪としばしば混同されますが、一般的な症状には違いがあります。インフルエンザの場合には高熱が最も顕著な症状として表れます。咳やくしゃみを伴うことはありますが、鼻水や鼻づまりといった症状はあまりでてこないのが通常です。また、関節痛や筋肉痛といった症状を伴うことが多く、高熱に伴う悪寒や寒気、下痢や食欲不振もよく見られます。一方、風邪の場合には熱はあまり高くならないことが多く、咳やくしゃみ、鼻水や鼻づまりといった症状が中心的になります。シーズンに差し掛かった時にはこういった諸症状に注意を払うことが重要であり、インフルエンザだと感じたら速やかに医師のもとに向かいましょう。発症してから48時間以内にリレンザの使用を始めれば早く治ることが可能だからです。リレンザのような画期的な治療薬が登場したことによって治療を早められるようになったことから、よりインフルエンザかどうかということの判断が重要なポイントになっています。もし判断が難しい場合には検査キットを使った診断をしてもらえることから、いずれにしても医師のもとに向かうと良いでしょう。