リレンザの製品画像と医療現場

インフルエンザ脳症にリレンザの投与と氷枕で症状緩和

インフルエンザにかかると高熱や頭痛に悩まされることになるのが一般的であり、その苦しい症状から誰もが予防したいと考えるものです。しかし、社会生活を行っていると人との接触は避けられないものであり、知らず知らずのうちに感染してしまうということはよくあります。その予防に対して意識が高く、体力や免疫力も十分にある健常な大人であれば必ずしもインフルエンザに感染してしまうわけではありません。しかし、予防について意識をあまり持たないことが多い子供は、免疫力の点からも不利なことが多く、幼稚園や学校などで集団行動をしているうちに感染してしまうことはよくあります。高熱や頭痛に悩まされる子供を看病するのは親の勤めと考えるのが当然でしょう。頭痛がひどい場合には氷枕をするというのは良い方法です。あまり冷やし過ぎるのもよくありませんが、氷枕をして頭を冷やすことは頭痛をとるのには有用な手段です。しかし、いくら頭痛や熱がひどくても、市販の解熱鎮痛薬を使うのはやめておかなければなりません。種類によってはインフルエンザ脳症のリスクを高めることが知られれているからです。高熱が続くことによって脳症になってしまうと考えてしまいがちであり、その対策をしたつもりが逆効果になってしまうことがあるのです。脳症予防には治療を早めるリレンザなどの治療薬を用いて早く治すのが最適な方法であり、症状は氷枕などでうまく和らげることが重要になります。また、看病をしている親がインフルエンザにかかるリスクもあるため、リレンザの予防投与を行うことも大切です。家族がインフルエンザにかかっている場合には保険適用でリレンザを予防に使うことができるので、子供の分と一緒に処方してもらうと良いでしょう。