リレンザの製品画像と医療現場

リレンザの使用や湿度で喉を守るのが大切な病気の予防

インフルエンザは毎年流行する感染症であり、インフルエンザウイルスが原因となって起こるものです。インフルエンザウイルスは喉の粘膜を通過することによって体内に侵入するというのが主要な経路であり、患者のくしゃみや咳によって出てくる飛沫を吸い込むことが原因とされています。喉の粘膜は外敵に対するバリアとしての機能も有しており、その中にインフルエンザウイルスが滞在している間にうがいをして喉の粘膜ごと洗い流してしまえば感染を防ぐことが可能です。そのため、インフルエンザ予防には喉の粘膜を守るという考え方は大切であり、生活している部屋の湿度を保つのは良い方法です。インフルエンザが蔓延しやすいのは冬の乾燥した時期であり、湿度が低くて喉の粘膜が乾いてしまいがちになります。それが感染を広げてしまう原因の一つと考えられていることから、部屋の湿度を保つために加湿器を利用するのは賢い考え方なのです。一方、予防という考え方から抗インフルエンザ薬であるリレンザを利用することも可能です。吸入薬であるリレンザは感染経路である喉に直接有効成分を送り届けることができるため、より予防効果が高いと期待することができます。実際には吸収されて全身で効果を発揮するものの吸収されるまでの間は喉に滞在することからリレンザの予防投与は効果が高いと期待されている傾向があります。予防投与の場合には保険適用がなされないのが一般的ですが、通信販売によって定価よりは安価に入手することも可能であり、自分のために使用する目的で自己責任で購入するのも一つの手段です。喉が関わる感染症だからこそ、投与経路にも着目するとより高い効果を期待することができるのです。