リレンザの製品画像と医療現場

ワクチンが効かなかったりリレンザ耐性ウイルスにBCP

インフルエンザの流行は毎年話題に取り上げられる社会問題ともいえるものであり、これによって多くの社会的活動に影響が生じます。季節性インフルエンザと言われる乾燥したシーズンに流行するインフルエンザに対しては、毎年ワクチンが製造されて予防接種が実施されています。予防の方法として信頼性の高いものであり、多くの人がワクチンを使った予防接種を受けて対策を立てます。しかし、ワクチンは予想されたインフルエンザウイルスの型にしか有効ではなく、予想外のウイルスが蔓延した場合には効果が得られないことが多々あるという点に注意が必要です。近年問題になっている新型インフルエンザはその登場の際には全く予測不可能な状況であり、ワクチンが製造されていることはまずありません。そのため、パンデミックが起こる可能性すらあるということに留意が必要であり、企業はBCPを策定することが大切になります。企業のレベルで感染が起こった場合の対応を考えておくことによって緊急事態に速やかに対応できるようにするというのがBCPを策定しておくことの意味です。また、感染防止策を予め取り入れておくということもBCPを考えていく過程で意義深いものであり、それが励行されることによって企業として事業を継続することができるのです。蔓延が起こってしまった場合にはリレンザ等の治療薬を用いることが可能ですが、リレンザ耐性ウイルスの発生といった事態も想定しなければならないものです。一方、新型インフルエンザが流行している際に出張を行う場合などはリレンザの予防投与を行うといった予防措置を考慮しておくことも重要になるでしょう。そういった感染拡大防止のための指針を取りまとめることが重要なのです。