リレンザの製品画像と医療現場

乾燥時期に広がる長寿命ウイルスの発症時期とリレンザ

インフルエンザウイルスが蔓延しやすいのは冬の乾燥した時期であり、毎年インフルエンザシーズンという認識が到来することを覚悟するのが一般的になっています。空気が乾燥しているとインフルエンザウイルスの寿命が長くなるため、より蔓延しやすくなるというのがその背景にあります。ウイルスの寿命を短くするには適度な湿度を保つことが重要であり、加湿器を使って部屋の環境を良くすることは予防効果があると言われているアプローチです。ウイルスの寿命を短くすることができても、一度流行が始まってしまえば飛沫感染や接触感染によって感染が広まってしまうリスクは高く、治療を行うということは重要なことになります。インフルエンザはウイルスに感染してから1日程度の潜伏期間を経て発症するのが特徴です。発症してから48時間程度はインフルエンザウイルスが急激に増殖している期間であり、この間に治療薬であるリレンザを使用し始めるとその増殖を抑制することができ、早く治ることができるようになります。発症してからできるだけ早く治療を始めるということが重要であるため、治療薬を処方してもらって薬局で手に入れたら、その場で使用を開始するということが推奨されています。その際に便利なのが使用に際して水を必要としない吸入薬であるリレンザです。当初は馴染みがないことから敬遠される傾向がありましたが、使用開始のしやすさの認識や実際の使い方に関する理解がの浸透によってリレンザもよく用いられる治療薬となっています。使用に際しては耐性ウイルスの出現を防ぐために途中で中断しないということが大切であり、5日分を正しい用法で使い切ることが求められていることに注意が必要です。